中国が新疆ウイグル自治区で監視を強め、ウイグル人の「再教育施設」への収容が問題となっている――。そんな内容を示す内部文書が相次いで報じられ、注目を集めています。国連人種差別撤廃委員会も、100万人規模のウイグル人が拘束されている可能性に言及しています。そもそもウイグル人とはどんな人たちで、なぜこのような状況が起きているのか。新疆の歴史やウイグル人に詳しい、中央大学の清水由里子・兼任講師に話を聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます