多くの浸水被害が出た今秋の台風で、栃木県栃木市内のホームセンターで17匹の子犬や子猫が命を落としていたことが分かりました。飼い主がペットを連れて逃げる「同行避難」は、徐々に浸透していますが、ペットショップなどにいる販売用の子犬・子猫などについては、対策が手薄な現状が浮かび上がりました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます