性的少数者のカップルを公的にパートナーと証明する「横浜市パートナーシップ宣誓制度」が2日、始まり、9組が宣誓した。同様の制度は横須賀市と小田原市にあり、県内では3市目。成人で、他の人と婚姻・パートナー関係にないことなどが条件となる。男女の事実婚カップルも対象で、宣誓書は日本語のほか、英語、中国語、ハングルでも用意したという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます