豊洲市場(東京都江東区)につくる暫定の集客施設について、事業主の三井不動産は2日、来年1月24日にオープンすると発表した。名称を「江戸前場下町(じょうかまち)」とし、市場の食材をいかした飲食店や物販店など21店が出店する。2023年春ごろに温泉やホテル、飲食店などの入る「千客万来施設」が開業予定で、今回の施設はそれまでの約3年間の限定営業になるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます