四つの市民襲撃事件で殺人罪などに問われた指定暴力団・工藤会トップの総裁野村悟(73)と、ナンバー2の会長田上不美夫(63)の両被告の第9回公判が2日、福岡地裁であった。1998年の元漁協組合長射殺事件に関わったとして、有罪判決を受けた男性が「組幹部の依頼を受けた知人の指示だった」と証言した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます