災害時に自力で逃げることが難しい要支援者は岩手県内で8万5千人以上いるが、具体的な避難方法を決めておく「個別計画」の策定は2割程度にとどまっている。一方、花巻市は要支援者の名簿をあらかじめ防災関係者に提供して情報共有する条例を制定する方針で、個別計画の策定をさらに進めていく。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます