米通商代表部(USTR)は2日、米グーグルなどの巨大IT企業に対してフランスが導入した「デジタル税」についての報告書を発表し、米企業に損害を与える「不当で差別的な措置」だと認定した。これに基づき、チーズやかばんなど計24億ドル(約2600億円)分のフランス製品に、最大100%の関税をかけることが可能になる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます