麻生太郎財務相は3日の閣議後会見で、5月に海上自衛隊の潜水艦に体験搭乗したことを明らかにした。防衛大臣など直接担当する閣僚が視察などをする機会はあるが、担当外の閣僚が潜水艦に乗るのは異例だ。麻生氏は搭乗理由について「海上自衛隊の実情に触れるということで乗った。防衛予算の査定作業をするうえでも、現場環境を知っておくことは大事だ」と述べたうえで「潜水艦以外の現場にも色々行かせていただいている」と続けた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます