「今も時が止まったままだ」「悪い夢であってほしい」。交通事故で愛する家族を失った遺族たちの悲痛な声だ。遺族らで作る「北海道交通事故被害者の会」が、今年で結成から20年を迎えた。悲しみの中で、それでも交通事故ゼロを願って活動してきた人たちの歩みを追った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます