河野太郎防衛相は3日の閣議後会見で、米軍機の訓練の候補地である鹿児島県・馬毛(まげ)島(広さ約8平方キロ)の所有会社と、島を買収することで大筋合意したと明らかにした。8年がかりの交渉が急展開した裏には、強まる米国のプレッシャーと、所有会社の経営悪化があった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます