群馬県の関越道下り線の赤城高原サービスエリア(SA)―赤城インターチェンジ(IC)間で1日午後、軽乗用車が逆走して3人が死傷した事故。死亡した津久井豊さん(80)=同県渋川市赤城町宮田=の軽乗用車は、赤城高原SAでUターンして逆走し始めていたことが、県警への取材でわかった。県警は防犯カメラの映像などから、逆走の詳しい状況を調べている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます