米グーグルは3日、共同創業者のラリー・ペイジ氏が、親会社であるアルファベットの最高経営責任者(CEO)職から退き、グーグル本体のCEOを務めるスンダー・ピチャイ氏が親会社のCEO職も兼務する、と明らかにした。創業以来、同社の方向性を左右してきたペイジ氏が、経営トップの座から降りることになり、同社にとっては大きな転機になりそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます