東京都東久留米市の住宅で住人の男性が刃物で殺害された事件で、内縁の妻の次男で無職三ツ本寛己容疑者(28)の同市内の自宅から、サバイバルナイフ型の刃物が多数見つかっていたことが捜査関係者への取材でわかった。傷口の形状などから、これらとは別に両刃のナイフが事件に使われたとみられ、警視庁は凶器の特定を進めるとともに、こうした刃物を集めていた経緯を調べている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます