食道と胃の境界にできる「食道胃接合部がん」が増えている。背景には、高齢化や太った人の増加のほか、胃がんの原因とされるヘリコバクター・ピロリ菌に感染している人の減少が関わっている可能性もある。内視鏡検査で早期発見できる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます