蘇生を望まない本人の意思を家族やかかりつけの医師から確認できれば、救急隊員は現場で処置しないことが可能になる。そんな新たな運用を東京消防庁が16日から始める。これまでは蘇生や搬送が原則だったが、本人の意思が最大限尊重されるようにする狙いがある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます