「窮(きゅう)鼠(そ)」でも猫を噛(か)まず、袋のネズミになっても福をもたらす? そんな一風変わったネズミを連想させる来年の干支(えと)の「子(ね)」の陶器の置物を並べた「陶仁展~令和02福路のねずみ」が鹿児島県姶良市蒲生町の岡家具店ギャラリーで開かれている。同県霧島市の陶芸家、渕脇克仁さん(53)が制作した約70点を展示、販売している。

無断転載・複製を禁じます