林京子や松尾あつゆきら、長崎を代表する原爆文学作品を市民や俳優が朗読する「ナガサキ 映画と朗読プロジェクト」が14、15日、長崎市の長崎原爆資料館ホールで開かれる。被爆者を撮り続けてきた映画監督らが企画し、中学生から60代まで約30人が練習を積んでいる。プロジェクトを通じて初めて原爆のことを学ぶ参加者もいる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます