今年のノーベル化学賞に選ばれた吉野彰(よしのあきら)・旭化成名誉フェロー(71)が5日、授賞式のあるストックホルムに向けて出発した。出国前に成田空港で会見し、「ノーベルレクチャー(記念講演)が一番楽しみ。受賞理由の一つだった環境問題に対してこういう道筋がある、とメッセージを送りたい」と抱負を語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます