菅義偉官房長官は5日午前の記者会見で、「桜を見る会」の今年の招待者名簿のバックアップデータが残存していた可能性があるなかで、内閣府が「廃棄した」と答弁したことをめぐり、「国会議員からの資料要求は行政文書を前提としている」と述べ、応じる必要はなかったとの認識を示した。主なやりとりは次の通り。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます