厚生労働省は、妊婦が受診した際の追加料金「妊婦加算」を廃止する方針を固めた。一律に加算される仕組みに「妊婦税」などの批判が出て凍結していた。かわりに、妊婦を含めた患者が普段から通う医療機関が、別の医療機関と情報共有をした場合に追加負担を求める新たな制度をつくる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます