日本原子力研究開発機構(原子力機構)の「幌延深地層研究センター」(深地層研、北海道幌延町)の研究延長をめぐり、北海道の鈴木直道知事の判断に注目が集まっている。6日、研究期限を2021年度から28年度に延ばすよう求める原子力機構の児玉敏雄理事長と会談した。ただ、北海道民の間にはさまざまな意見があり、最終判断はそう簡単ではなさそうだ。田之畑仁、戸谷明裕…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます