兄弟コンビ「中川家」が5年間立ち続けている寄席小屋がある。名古屋にある大須演芸場だ。若手漫才の日本一決定戦「M―1グランプリ」の初代王者で、弟の礼二は今年のM―1の審査員も務める。その2人が「理想型に近い漫才ができる」と口をそろえる演芸場の魅力と、理想の漫才の条件について語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます