大阪都構想が実現すれば、10年間で「1・1兆円の財政効率化効果がある」とする大阪府と大阪市の試算に対して、一部識者から異論が出ている。自治体の人口規模と歳出に関する一つの学説をめぐり「解釈が誤っている」との指摘だ。「正しい理解に従えば財政効果は乏しくなる」という。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます