中央競馬の第12回カペラステークス(GⅢ)は8日、千葉・中山競馬場で行われ、藤田菜七子騎手(22)が騎乗したコパノキッキングが優勝した。日本女性騎手が中央競馬会(JRA)の重賞レースで1着になったのは史上初めて。藤田騎手はデビュー4年目、重賞レースに挑戦したのは23度目だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます