立憲民主党や国民民主党など野党統一会派と共産党は9日午前、この日閉幕する臨時国会の会期について、40日間の延長を求める動議を大島理森・衆院議長に提出した。動議は午後に開かれる衆院議院運営委員会で議論され、与党側の反対で否決される見通し。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます