神戸市立神戸アイセンター病院と理化学研究所などのチームが9日、様々な細胞になれるiPS細胞からつくった「視細胞」を、失明のおそれがある目の難病の患者に移植する臨床研究について、大阪大の委員会に申請したと発表した。来年度中に1例目の移植をめざす。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます