香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は10日午前、主催した民主派団体の発表で約80万人が参加した8日のデモ行進後、初めて記者会見を開いた。普通選挙の導入など民主派が掲げる五大要求について、林鄭氏はすでに対応済みだとの認識を示し、譲歩には応じない姿勢を改めて明らかにした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます