台風19号の上陸から12日で2カ月。県内の避難所では11日現在、234世帯458人が避難生活を続けている。罹災(りさい)証明の発行が遅く、生活再建の手続きが思うように進んでいなかったり、新居が決まっても家財道具をそろえる資金がなかったりして、避難所を出ることをためらう避難者も少なくない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます