「大阪の顔」ともされる御堂筋のイチョウ並木について、下着大手のグンゼが予備の木をストックする取り組みを始める。昨秋の台風21号で多くの木が倒れたり、幹が折れたりする被害が出たことを受けた備え。災害があっても、すぐに元の景観に戻せるようにするという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます