2020年東京五輪の卓球のシングルス代表争いが大詰めを迎えている。代表枠は男女2枠ずつ。来年1月の世界ランク上位2人が、そのまま選出される仕組みだ。男子の張本智和(16=木下グループ)、女子の伊藤美誠(19=スターツ)はすでに当確。12日に開幕するワールドツアーの上位16人が争うグランドファイナルが、残り1枠をかけた最後の戦いの舞台になる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます