ミャンマーの少数派イスラム教徒ロヒンギャに対して集団殺害(ジェノサイド)をしたとして、同国政府が国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)に訴えられた問題で、アウンサンスーチー国家顧問が11日、口頭弁論に出廷した。訴えは「不完全で誤解を招くもの」としてジェノサイドを否定し、全面的に争う姿勢を見せた。国際社会のさらなる批判を招く可能性がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます