温暖化対策に懐疑的なブラジルのボルソナーロ大統領が10日、環境活動家のグレタ・トゥンベリさん(16)を、ポルトガル語で「ガキ」を意味する「ピラリャ」と呼んでけなす一幕があった。大統領広報官は「無礼な呼び方ではない」と弁明。一方、グレタさんは、ツイッターアカウントの自己紹介を一時「ピラリャ」に変更し、ユーモアでやり返した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます