三井住友フィナンシャルグループ(FG)の太田純社長が朝日新聞のインタビューに応じ、超低金利下での新たな収益源として、新たな「プラットフォーム(事業などの基盤)」ビジネスを強化する方針を明らかにした。取引先企業が情報交換するサイトを立ち上げたり、効率的なカード決済のネットワークを築いたりして、様々な情報が集まるプラットフォームづくりにつなげる。こうしたプラットフォームを通じ、新たな手数料ビジネスや、本業の融資の拡大にもつなげたい考えだ。太田氏との主なやり取りは次の通り。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます