性同一性障害の職員に対する女性トイレの使用制限を違法と判断した12日の東京地裁判決を受け、勝訴した経済産業省職員は記者会見し、「非常にいい判断で安堵(あんど)している。女性として生活しているのだから、他の女性と同じように扱ってほしいという希望を認めてくれた」と喜んだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます