熊本県天草市の漁港の船内から大量の覚醒剤が見つかった事件で、押収量は約600キロ(末端価格約360億円相当)に上り、覚醒剤を積んだ船は燃料切れを起こしていたことが、捜査関係者への取材でわかった。近くを通りかかった漁船が港まで引いたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます