「ゴルビー」の愛称で親しまれたミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領(88)が今月、モスクワで朝日新聞記者と単独会見した。米ソ冷戦のさなか、夢想とも思われた核軍縮を実現し、冷戦終結をも導いた人物だ。核のたがが外れ、協調や相互協力を忘れたような力の政治が覆う世界を、彼はどう見ているのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます