金属を削る工作機械を手のひらサイズで再現したプラモデルが、11月に開館した「ヤマザキマザック工作機械博物館」(岐阜県美濃加茂市)のお土産物としてヒットしている。税込み4200円というちょっぴり高めの価格にもかかわらず、販売個数は開館1カ月で400個を突破した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます