『人のセックスを笑うな』でデビューし、社会の価値観を問う作品を発表してきた作家の山崎ナオコーラさん(41)。新作エッセー『ブスの自信の持ち方』では、容姿差別をテーマにすえた。ネット上で「ブス」と激しい中傷を受けたとき、「容貌(ようぼう)障害」という言葉に救われたという山崎さんは、容姿によって生きづらいと感じさせる社会の側が問題だ、と訴える。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます