JR九州は13日、来年3月14日のダイヤ改定に合わせ、試験運転中の新型ハイブリッド車を長崎―佐世保間に投入すると発表した。ディーゼルエンジンで発電し、ブレーキをかけたときに発生する電気も蓄電池にためて有効活用する。現在の気動車に比べ、燃料消費量を約20%減らせるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます