トランプ米大統領による「ウクライナ疑惑」をめぐり、下院司法委員会は13日、権力の乱用と議会の妨害でトランプ氏を弾劾(だんがい)訴追する決議案を賛成23、反対17の賛成多数で可決した。来週中に下院本会議で採決される。下院では議席の過半数を握る野党・民主党の賛成で可決される見通しで、トランプ氏が弾劾訴追される米史上3人目の大統領となるのは確実となった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます