岡山県玉野市の宇野港と高松市の高松港を結ぶ宇高航路が、15日に109年の歴史に幕を下ろす。1964年の東京五輪では、フェリーが瀬戸内海を渡って岡山へ聖火を運んだ。東京五輪・パラリンピックを来年に控えたこのタイミングでの運航休止に、聖火リレーに関わった市民はひときわ寂しさを募らせている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます