入所者19人が殺害された神奈川県立障害者施設「津久井やまゆり園」の再生に向け、後継2施設の指定管理者を現在の社会福祉法人から見直して公募する県の新方針について、黒岩祐治知事は14日、仮移転先の芹が谷園舎(横浜市港南区)で入所者と家族らに直接説明した。参加者からは批判や疑問が噴出。社会福祉法人も、合理的理由が示されなければ県の方針に応じられないと明言した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます