沖縄県の石垣市議会(定数22)は16日、まちづくりを進めるため市や議会、市民の役割などを定めた自治基本条例の廃止案について、小差で否決した。自民会派の市議が提案。与党自民と中立会派1人の計10人が賛成、野党会派と中立会派1人、公明1人の計11人が反対だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます