おしゃれに着飾って隠れ、グルメな食いしん坊――。岩手県大槌町の大槌湾で捕られたカニが新種とわかり、発見者の大土(おおつち)直哉さん(33)が「オオヨツハモガニ」と名付けた。筑波大の下田臨海実験センターで技術補佐員を務める大土さんは「大槌産の新種として復興に役立ててもらえれば」と話す。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます