高倉健さん主演の映画でも有名な浅田次郎さんの小説『鉄道員(ぽっぽや)』。主人公が駅長を務める作中のローカル線同様に、映画の撮影地になった実在の駅も、廃線の危機にある。映画と鉄道を愛する記者が北海道の現地を訪ね、「乗り鉄」として知られる六角精児さんにも話を聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます