1976年に週刊漫画「週刊少女コミック」で連載が始まった「風と木の詩」は、少女漫画の世界に革命をもたらしました。何しろ最初のシーンが、少年同士のベッドシーン。全編を通じて、男子校を舞台にした、少年間の耽美(たんび)で繊細な恋愛が繰り広げられたからです。女性を中心に支持が広がり、2年後には、男性同性愛をテーマにした女性向け雑誌「COMIC JUN(のちに「June」)」が創刊。男性同性愛を描く漫画が一つのジャンルとして確立していきました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます