フィギュアスケートの全日本選手権は20日、東京・国立代々木競技場で男子ショートプログラム(SP)があった。1月からアイスダンスに転向し、2022年北京五輪を目指すことを表明している33歳の高橋大輔(関大ク)はジャンプが乱れるなどして、14位発進。22日のフリーが、シングルスケーターとしては最後の競技会の舞台になる。SP後の報道陣との主なやり取りは次の通り。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます