教員が教え子にわいせつな行為をする例が後を絶たない。教員と生徒の力関係から、子どもから被害を訴えにくく、被害者は潜在的にいるとされる。被害者を保護する観点から、事件が公表されにくい面もあり、警察や自治体は被害者保護と再発防止の間で頭を悩ませている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます