利益だけを追い求め、グローバルな競争に勝つためには犠牲をいとわない。そんな経済には限界がありそうです。何が必要なのでしょう。世の中のため、人のためを思って進む人たちの志に、ヒントがあるかもしれません。一日100食限定のステーキ丼店を営み、「売り上げを減らそう」と訴える中村朱美さんに、働き方へのこだわりを聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます