遺伝子を編集されて生まれる赤ちゃんはフィクションの世界で、「デザイナーベビー」としてたびたび描かれてきました。近年、ゲノム編集技術が進歩し、現実味を帯びつつあります。身体能力や知能の強化だけでなく、遺伝病を防げるかもしれません。とはいえ、問題点も多く、できたとしても許容されるものなのでしょうか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます